20代保健師の転職ポイント

保健師求人TOP >> 年齢別の保健師求人事情 >>20代保健師の転職ポイント

20代保健師の転職ポイント

看護師で保健師を目指す人は多いです。保健師の魅力の中の一つに看護師と比較すると、就業環境が安定していることが挙げられます。シフトもそれほど厳しくはありませんし、人間関係の問題で悩みを抱えることも少ないと言われています。また保健所や保健センターのような公共機関に就職する人も多いです。そうすれば、公務員として安定した経済的な環境の中に身を置けます。しかし最近になって、保健師の就業先の選択肢も増えていて、離職や転職を希望する人も多いです。

中には20代で転職を希望する人も多いです。比較的若い世代の転職では、メリットデメリットが極端に出ますので慎重に判断すべきです。やはり若いというのは大きな魅力であり、メリットとも言えます。キャリアを再構築するにも時間的余裕があります。これから雇用側の求めるスキルをマスターしてもらっても十分です。また給料に関してもそれほど高くする必要はなく、雇う側からしてみると安い買い物になりやすいです。

20代のデメリットは、やはり経験のなさにあります。教育する時間は十分にあるかもしれませんが、時間をかけてモノになるかどうかは出たとこ勝負な面があります。特に一般企業の産業保健師の募集では、即戦力になる人材を求める傾向があります。このため、若さは逆にマイナス面になりかねません。また20代で転職するということは、職歴が長くないことを意味します。そうすると、雇ってもまたすぐにやめてしまうのではないかと思われる可能性もあります。このような両方のポイントがあることを踏まえて、転職するかどうかの判断をしないといけません。

転職しやすい場所は、保健所や保健センターではないでしょうか?これらに共通しているのは、仕事を覚えるのにある程度時間をかけられるケースの多い点です。その他には、保育園で保健師を募集していることがあります。需要が近年になって上昇していて、未経験者でもOKとしているケースも多いです。自分に適した求人に応募したいのであれば、転職エージェントを利用してみることです。その中でもナースフルは、リクルートグループが運営している看護師・保健師の転職エージェントです。月間で20万人以上が利用しています。またナース人材バンクも、転職を希望する人がしばしば利用するサイトです。求人件数は10万件以上常時取り扱っています。しかも日本全国の情報を網羅しているので、地方在住の方でも安心して利用できます。


Copyright (C) 2014-2017 保健師の求人まとめサイト All Rights Reserved.