30代保健師の転職ポイント

保健師求人TOP >> 年齢別の保健師求人事情 >>30代保健師の転職ポイント

30代保健師の転職ポイント

30代になると、保健師といっても立場がだいぶ個人によって変わってきます。このため、年齢だけを見るのではなくどのようなキャリアを積んできたのか、どのような環境で仕事をしてきたのかが重要なポイントになります。ですから同じ30代保健師でも、転職をすることが有利に働く人もいれば、不利に働く人もいます。では有利に働く人は、具体的にどのような人でしょうか?

やはり着実に安定したキャリアを積んできた人であれば、雇いたいと思わせられます。一つの職種でキャリアを積み重ねている人であれば、その分野に関しては安心して任せられると考えられます。即戦力として評価してくれますし、勤続が長ければ長いほど、雇ったら長期的に安定して働いてくれるという信頼感もあります。

逆に不利に働いてしまう人の特徴は、職歴がバラバラで何度も転職を繰り返している人です。こうなると保健師になってから時間が経過していても、具体的に特定の分野における経験はどれも浅いということになってしまいます。そうなると雇う側としてみれば、教育期間を考えないといけません。一人前になった時には、それなりに年齢も重ねてしまいます。そもそも期待する人材に成長してくれるかどうかもわかりません。そうなるとコストはかかる、しかもそのコストを回収できない可能性も十分にあるわけです。これはかなりリスクが大きいですね。このように、30代に差し掛かってくるとそのキャリアがどうなのかによって大きく影響されることは覚えておくべきです。

30代の保健師が転職をする場合には、まず職種の絞り込みをしましょう。保健師の転職先の選択肢は多様化しています。中には給料や待遇に釣られて安易に飛びついてしまう人もいますが、やはり自分の能力を活かせる求人かどうかを確認することです。そのためには、一回自分のキャリアの棚卸をしてみることです。自分が保健師としてどのような経験を積んで、何がアピールポイントになるかを客観的に見てみましょう。

自分で行うのに不安があれば、転職エージェントを利用してみましょう。キャリアコンサルタントがサポートしてくれ、皆さんのキャリアを見てどのような進路をとるべきか、いろいろとアドバイスしてくれます。リクルートが運営しているナースフルや年間10万人以上の看護師や保健師が利用しているナース人材バンク等は、かなり評判もいいです。無料で登録できるので、まずは登録だけしてみるのはいかがですか?


Copyright (C) 2014-2017 保健師の求人まとめサイト All Rights Reserved.