50代保健師の転職ポイント

保健師求人TOP >> 年齢別の保健師求人事情 >>50代保健師の転職ポイント

50代保健師の転職ポイント

基本的に年齢が高くなればなるほど、転職が厳しくなります。給料を高くしないといけませんし、前の職場の価値観が染みついているので、新しい職場のやり方に対応できないケースも多いからです。これは保健師に関しても同様のことが言えます。そのような条件下で、50代の保健師が転職することは果たして可能でしょうか?正直言って、60〜65歳定年の所が多いので、50代で転職するのはかなり厳しいと思って下さい。そのように考えて、転職先をどうするかを考えましょう。

50代の方が転職をするのであれば、まず職種選びから始めることです。その中でも、実力が問われるような職種にターゲットを絞ってください。実力重視の職場であれば、年齢不問で募集しているケースもあります。例えば、一般企業や診療所の保健師募集を見てみると、実力重視の傾向が見られます。一般企業は大手企業を中心として、従業員の健康管理をすることが求められてきています。また企業保健師の求人を見てみると、安定性に欠ける部分も見受けられます。

非正規雇用で募集されていることも多く、若手の保健師は将来の不安から避ける傾向もあります。50代であれば、長期的に就業する必要もないでしょうから、就職の面で逆に有利に働くこともあります。50代で転職をする時には、即戦力である必要があります。中には、違ったキャリアを積んでみたいと思っている人もいるかもしれませんが、50代では遅すぎると思って下さい。

50代に差し掛かってくると、子育てもひと段落しているケースも多いのではありませんか?中には、家事や育児との両立をする必要がある保健師も若い人を中心に多いです。しかしこの年代になれば、両立をあまり気にする必要がないケースも出てくるでしょう。その場合、面接の時などに休日や勤務時間にあまり希望がないことをアピールしましょう。そうすれば、採用される可能性もアップします。

50代の転職はいろいろとネックになる点があることは、まず頭の中に入れておいてください。そのうえで転職成功するためには、専門家の力を借りましょう。転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントがサポートしてくれます。コンサルタントと相談することで、どのような所に応募すればいいのかが見えてくるでしょう。転職エージェントの中でも、ナースフルはリクルートが運営していることもあって、安心して利用できると評判です。その他には、ナース人材バンクは日本全国に営業所があるので、地方在住の方でも気軽に利用できます。


Copyright (C) 2014-2017 保健師の求人まとめサイト All Rights Reserved.