産業保健師に資格は必要?

保健師求人TOP >> 人気の産業保健師特集 >> 産業保健師に資格は必要?

産業保健師に資格は必要?

保健師の資格を取得している人であれば、基本的に産業保健師として活動することはできます。ただし他に産業保健師に関連する資格を取得しておいた方が、就職に有利に働く可能性は高いです。ほかの職場とは違って、保健師を育てるという感覚は企業には希薄です。即戦力になってくれる人材を求める傾向があるので、産業保健師としての経験があるとか関連する資格を持っていた方が、有力な武器になりえます。ではどのような資格を取得するのが好ましいのでしょうか?

産業保健師の資格として大きな武器になるのは、第一種衛生管理者の免許です。常時50人以上が働く事業所では、一定の数衛生管理者資格を持った人を配置しないといけないことになっています。このため、一定の規模を有している会社としてみれば必要不可欠な存在なのです。衛生管理者の資格の中には、いくつかの種類があります。その中でも先ほど紹介した第一種衛生管理者は、どのような業種の事業所でも衛生管理者になれます。よって、就職するにあたって自分をアピールする上で大切な資格になりうるわけです。

産業保健師の求人を見てみると、大量に採用されることはありません。採用人数1人ということも多く、若干名であることが多いです。たとえば、前任者が産休をはじめとして長期休暇に入るので、その欠員を補充するために募集の出ることが多いです。このため、不定期に求人が出ることが多いです。また少数の採用になるため、採用する側からすると、あまり応募者が殺到する事態も避けたいところです。このため非公開求人として、一部の転職エージェントに情報提供するケースも多いです。このような事情もありますので、産業保健師になりたいのであれば、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントランキングの中でも上位の常連として、ナースフルがあります。リクルートグループで、医療関係者に特化した転職エージェントとなっています。産業保健師の情報にも対応していて、レアな求人情報もしっかりとカバーしてくれています。無料で1分程度の手続きで簡単に登録できます。その他には、ナース人材バンクも高い人気があります。看護師を専門的にサポートしてきたキャリアコンサルタントが担当してくれるので、業界事情にも精通しています。面接の調整や待遇の交渉なども行ってくれるので、納得の転職先が見つかるはずです。このような転職エージェントを使って、資格取得しながら転職先を探してみましょう。


Copyright (C) 2014-2017 保健師の求人まとめサイト All Rights Reserved.