産業保健師の役割を考える

保健師求人TOP >> 人気の産業保健師特集 >> 産業保健師の役割を考える

産業保健師の役割を考える

産業保健師の役割は簡単に言ってしまうと、従業員が健康的な環境で仕事できるように活動することにあります。そのためには、いくつかの角度からアプローチをする必要があります。まずは従業員の作業する環境を管理することが挙げられます。職場の巡視をしたり、従業員とコミュニケーションを取ったりすることで、作業環境で問題点はないか確認をします。また作業時間と休憩時間のバランスが、従業員の健康に悪影響を及ぼすことがないかもチェックしましょう。このようにすることで、従業員がより安全に仕事ができるような環境づくりのお手伝いをします。環境の要素にはいろいろとあって、職場の温度や湿度の管理、衛生面の管理も含まれます。また喫煙者のいる労働環境の場合、受動喫煙の防止策に取り組む必要もあります。

また従業員の健康管理も、産業保健師の重要な役割の中の一つです。健康相談を従業員から受けて、日常生活でどのようなことに気を付けるべきかをアドバイスしていきます。その他には、定期的に健康診断を行っている企業も多いです。健康診断を担当するのも、産業保健師であることが多いです。企画や実施までを担当します。健康診断で従業員のデータが集まってきます。その中で重視すべき点が見つかったのであれば、個別に従業員を呼んで健康指導することもあります。また会社の中で急病にかかるとか、けがをする従業員が出てくるケースもありえます。その場合にはまず応急処置を施します。中には現場では対応できないケースもあるでしょう。その場合には、迅速に医療機関を手配し、搬送する手はずも整えないといけません。

労働衛生教育を施すことも、産業保健師にとって必要なことです。従業員が健康を損なわないように情報を提供し、常日頃から気を付けてもらうように啓蒙します。その中でも最近注目されているのは、メンタルヘルスの問題です。人間関係や業績などの問題で、精神的なプレッシャーを受けやすい環境にいる従業員も多いです。そこで、ストレスを解消するにはどうすればいいのかといったことを指導します。

このように産業保健師は、ほかの保健師とはまた違った役割を行う必要があります。その上で転職を希望するのであれば、転職エージェントを活用してみましょう。皆さんのこれまでのキャリアを見て、どのような仕事が適しているのかキャリアコンサルタントがいろいろとアドバイスしてくれます。中でも年間10万人が利用するナース人材バンクやリクルートの運営しているナースフルはおすすめの転職エージェントです。


Copyright (C) 2014-2017 保健師の求人まとめサイト All Rights Reserved.